合宿免許 最安値

合宿免許の最安値価格について。。

合宿免許で免許取得! そう思っている方も多いですよね。。

この合宿免許の場合は、価格的に考えても安い価格(最安値)で免許取得が可能の他に、なによりも集中して免許取得に取り組む事が出来るので、最短期間で考えますと約2週間で免許取得が可能になっています。。

通常の免許教習所の場合は、1日でとれる講座の数も限られていたりしますので、頑張っても1ヶ月以上はかかりますから、時間に余裕がある、集中した休みがあるという方の場合は、合宿免許がお勧めになっています!

 

そこで、気になるのが合宿免許にかかる料金ではないでしょうか。。。
今では合宿免許の予約を専門にしている合宿免許予約サイトというものがあって、色々な学校の比較、プランの比較ができるようになっていますので、気になる方はチェックしてみると良いと思います。
料金的に言いますと、一般的なプランの場合18万円前後という感じになっています。  最安値という事であれば、予約を入れる時も限定されるし、プランも限定されるでしょうが、16万円という価格で免許取得が可能である学校もありますよ!

合宿免許の料金について

合宿免許最安は、16万円という感じがメインになっています。。
しかし、ここは少し注意が必要です! この合宿免許にかかる料金ですが、いつでも同じ価格か!?と言えば微妙です。
それは、1年間を通じて合宿免許は混雑するシーズンとそうでないシーズンがあるので、価格も変動しているという学校が多いです。
まぁ、混雑するシーズンに特別な割引をしてくれる学校もあるので、その細かい価格に関してはご自身が合宿免許を利用しようと考えている時期でしっかりと調べてみるという事が必要になります。
おおまかに考えて以下のようなポイントで合宿免許の料金が変わっていますので、参考にどうぞ。。

 

  • 女性限定
  • 宿泊先の状態(相部屋、個室、カップル、3人部屋などのほか、学校に併設の施設やマンション、ホテルというパターンもあります)
  • 食事の回数
  • 食事を自炊にする
  • 利用する時期よりも随分早めに予約を入れる早割
  • 仲間と利用するグル割
  • 合宿免許所までの交通費の有無

 

簡単に調べてみましても、上記のようなポイントが考えられます。
ただ、少しでも安く、最安で合宿免許を利用したいと考えていても、相部屋は嫌だとか、やはり食事はついていて欲しいという事もあると思います。
逆に食事を無しにするプランは安いけど、その都度 食事の事を考えると高くついた。。という意見もあります。
また、買い物をしようにも、買い物ができる場所までに交通費がかかるという事も十分にありますので、その辺りはしっかりとかくにんする必要は十分ありますね!

合宿免許のプラン確認と早めの予約

合宿免許ドリームは全国対応の合宿免許予約サイトです!季節、プランに合わせた特集ページもあって非常に検索もしやすく合宿免許の予約がしやすいという事で人気のサイトです。。また、スマホで免許予約を考えている方には、ユーザービリティが良く使いやすいと好評です。。

 

 

>>合宿免許ドリームで即調べる

合宿免許の予約、確認といえば、合宿免許プランナー! 一番安いプランは168000円からです。。色々なキャンペーンも豊富で、そのたびにお得な価格設定もあります。。また、支払に関しましても銀行振り込みやファミリーマートでの振込み、それに特徴的なのは、他のサイトではないのですが、直接ローンの申請が可能なんです。詳しいパンフレットもお近くのファミリーマートでゲットできますので、利用者は一番多いです。

 

 

>>合宿免許プランナーで人気のプランを確認

合宿免許受付センターも価格は安いです!一番安いプランは1827000円からになります。ただ、この合宿免許受付センターもさまざまなプランがありますので、詳しい内容は公式HPを確認してくださいね。。支払に関しては、銀行振り込みとローンが可能になっています。

 

 

>>合宿免許受付センターのプランを確認

合宿免許ステーション

最低価格保証システム採用で、どこで調べるよりも一番安い価格で利用できる合宿免許所を紹介!
他の合宿免許予約サイトよりも1円でも高ければ値引きするという一番安い合宿免許を探されている方には大助かりのサイトです!

 

 

>>合宿免許ステーションで最安値を確認

合宿免許に必要な持ち物って何ですか?

合宿免許に参加する際に必要な持ち物はさまざまあります。
まず、絶対に忘れてはいけない物として、身分証明証、住民票、健康保険証や印鑑が挙げられます。これらは本人確認のために必要となり、これらを忘れてしまうと合宿免許に参加することが出来ないこともあるので、注意が必要です。

 

また、免許を再取得する場合には、運転免許証も必要となることもあります。ほかに重要な持ち物としては、当然カバンや筆記用具は必要となります。合宿免許はその名の通り、合宿をするために数週間施設に泊まることになります。そのため、着替えや日常使いするための用品が必要となります。
具体的には運転しやすいような衣服や靴は用意しましょう。サンダルやハイヒールは運転には不適切とされているので、スニーカーのような靴を持っていくようにします。ほかにも、洗面用具や化粧品、スキンケアやヘアケア用品、男性であればシェーバーなども重要です。雨具や携帯の充電器、メガネなどの視力矯正用具や常備薬などがある人は持っていくようにしましょう。これら以外にも、場合によってはハンガーや洗濯用品、携帯ゲームやパソコン、カメラなどを持っていくと重宝することもあるので、プランなどをよく確認してから準備することが重要です。

合宿免許の料金比較

合宿免許を申し込むときは料金の比較をしながら教習所を探すと、時間の面でも費用の面でも軽減することが出来ます。合宿免許の出来るところは、どこの教習所でもあるわけではなく地域によっては最寄りの教習所では実施されていないので、遠方の教習所も希望する範囲に入れて探すことになります。

 

教習を受けている間は合宿して集中的に行うので、自分が移動できる範囲の教習所を探していき、各合宿免許の料金について比較していきます。どのように調べたら良いのかというと合宿免許の応募を専門的に行っているサイトがあるので、こうしたサイトを利用して自分に合った教習所を探していきます。

 

各合宿所の料金の違いには、用意されている宿泊施設の違いによるもので、どのような宿泊施設を設けているのかによって教習代に違いがあらわれます。合宿先はその教習所が持っている合宿所であったり、ホテルなどの宿泊施設であったりとさまざまです。
また合宿時には食事付かどうかで料金も変わってきます。食事なしというところを選べばその分教習代は安くなりますし、各自で自由なものを買って食べられることになります。食事付であれば宿泊先での手間が省けて、教習の勉強にもより集中出来るというメリットもあります。