合宿免許 時間割

合宿免許での時間割

合宿免許を利用すると「最短日数で運転免許を取得することが出来る」というメリットがあります。必ずしも最短取得が可能と言う訳では無いものの、合宿免許を利用するメリットは他にも様々なものがあります。

 

例えば、最短日数での免許取得を目指す場合の時間割としては「1日に実技3時間、学科3時間」をコンスタントにこなしていきます。とは言え、毎日6時間のカリキュラム消化が必要になるという事では無く、週に2〜3日程度制限いっぱいまで講習を受ければ、あとは2時間ずつ程度で十分です。また、この他にも応急救護講習や仮免許試験、卒業試験などの時間も必要になってきます。時間割としては1日6時間程度は免許取得のカリキュラムを消化することになります。

 

上記のスケジュールを消化していくことが出来れば、仮に1日休みを入れたとしても15日で卒業することが可能です。しかし、せっかく合宿免許を利用して地方に行くわけですから、時には少し日数的な余裕のあるスケジュールのものを利用し、観光などを行うこともおすすめです。現在、スケジュールの中に観光に充てる時間やイベントなどが盛り込まれている合宿免許もあります。あくまでもメインは免許取得ですが、格安で観光もできるので非常にメリットは大きいです。