合宿免許 注意点

合宿免許の注意点

合宿免許では、さまざまなメリットがあり、さまざまなデメリットもあります。
メリットもデメリットも含めた、合宿免許の注意点についてチェックしてみましょう。
合宿免許期間中は、原則として一時帰宅は許されていないため、どうしても帰宅する場合は、教習所をやめなければいけないことになってしまいます。

 

また、合宿免許の料金には、補習や再検定などが発生した場合の保証がついているところとついていないところがあります。
保証がない場合、追加料金が発生してしまうので、合宿免許を申し込む時には注意が必要です。
合宿免許のプランを相部屋プランにした際、友達と一緒に申し込んだ場合はいいですが、知らない人との相部屋の場合、新しい出会いの楽しみがありますが、相手と合わなかった場合の対人関係トラブルや盗難などのトラブルが発生することもあるので注意しましょう。
合宿免許期間中、教習時間以外は自由時間となります。自由時間を有意義に過ごせるようなグッズを持っていったり、どのように過ごすかを考えておくと楽しく過ごすことができるでしょう。

 

合宿免許を卒業した後、1年間以内に自分が住んでいる地域の管轄の運転免許試験場などで学科試験を受けることで、免許を取得することができます。忘れずに学科試験を受けましょう。