合宿免許 宿泊施設

合宿免許の宿泊施設について

合宿免許の気になるところのひとつに、宿泊施設があげられると思います。 合宿免許の宿泊施設について、チェックしてみましょう。
合宿と聞くと、宿泊する部屋は相部屋という印象を持つと思いますが、必ず相部屋というわけではありません。
宿泊施設には、相部屋もありますが、シングルルームやツインルームなどを選ぶことができます。
また、宿舎が男性専用と女性専用に分かれているところもあります。

 

レディースプランの場合、女性専用の宿泊施設で自炊するタイプが多いようで、友達同士で申し込めば、楽しい合宿免許になることでしょう。
自炊プランの宿泊施設では、電子レンジや炊飯器など、自炊用の調理道具などが揃っているので、自分で用意する必要はありません。
合宿免許の宿泊施設には、教習所の専用宿舎のほか、旅館やホテル、民宿、コテージなど、さまざまです。

 

また、教習以外の時間をゆったりと過ごせるよう、カラオケやマンガコーナーといったような娯楽施設があったり、女性が安心して合宿免許に参加できるようセキュリティーがしっかりしていたりと、さまざまな配慮がなされています。
合宿免許期間中、約2週間生活しなくてはいけない宿泊施設なので、快適に生活できるよう、しっかりチェックしておきましょう。