合宿免許 最安値

合宿免許で注意すること

合宿免許で注意することですが、合宿免許期間中は原則として自宅に帰宅することはできません。
どうしても帰宅しなければいけない場合、合宿免許をやめなければいけなくなるので注意しましょう。
入校手続きに必要な書類などを忘れると、入校できないこともあるので持ち物は忘れないように確認しましょう。
合宿免許に申し込んだ後の変更やキャンセルは、入校日が近い場合はできないこともあります。また、キャンセルできたとしてもキャンセル料が発生する場合があります。

 

変更やキャンセルといったことにならないよう、合宿免許に申し込む際にはスケジュールを調整しておきましょう。
合宿免許のプランに保証がついているものは、補習などが発生した場合でも追加料金が取られませんが、中には保証がついてないプランもあるようなので、プランについてはしっかり確認しておきましょう。
合宿免許で相部屋にした場合、対人関係のトラブルや盗難などのトラブルが発生する場合があるので注意しましょう。
合宿免許で教習所を卒業後、自宅住所を管轄する運転免許試験場で学科試験を受けなければ免許を取得することができません。
教習所を卒業する時に卒業証明書をもらえますが、卒業証明書の有効期間は1年間なので、忘れずに学科試験を受けましょう。