合宿免許の合格率

合宿免許の合格率

合宿免許は、地方などの利用者の少ない自動車教習所などを借りて行われる「集中プログラム」である為、通常通り自動車教習所に通学して利用する場合と比べると知識・技術の上達および習熟度の向上が早くなります。何事も同じですが、期間を空けて練習する場合よりも集中的に練習した方が上達が早くなるのは当然ですので、合宿免許の場合も同様の効果が期待できます。

 

その結果、合格率という面でも通学時に比べると高くなっています。合宿免許自体の卒業試験合格率はもちろん、試験場で行われる学科試験の合格率に関しても通学よりも高くなります。集中的に学べるカリキュラムだからこその効果と言って良いでしょうが、より早く・より確実に知識や技術を身に着けることを目的としているのであれば、合宿免許の利用は非常におすすめです。

 

ただし、合格率が高い半面で「詰込み型」になってしまうことで継続的に訓練を行わない人(いわゆる「ペーパードライバー」)の場合、身に着けた知識や技術が失われてしまう時間も早いので十分に注意が必要になります。毎日ではないにしろ、定期的に知識や技術を思い出す訓練をしていかないと、いざ実践という場面で思わぬ危険に遭遇してしまう可能性があります。